スタッフ

目次

スタッフの自己紹介

美容鍼灸サロンNOTOの院長の写真

院長:道下雄一 (Michishita Yuichi)

出身: 石川県
趣味:山や川で癒される事、美術館巡り
国家資格:鍼・灸師、マッサージ師、柔道整復師
心理学免許:認定心理士

【経歴】
・関西大学  心理学科 
・関西医療学園専門学校  東洋・柔整学科 
・中村鍼灸整骨院 院長
・出張専門治療院 開院
・鍼灸サロンNOTO 開院

治療院の数は現在も尚、増え続け今やコンビニの数より多いそうです。

そのためか過剰な宣伝広告や過激な謳い文句で患者に来てもらおうとする治療院も増えています。

その中には、医療資格を持たない整体院やカイロ、エステなども含まれます。

また、健康に関係のない建築や証券会社が母体となる治療院グループや、利益を追求し、患者様の目線で施術が行えない個人の治療院も増えてきました。

このように数が増える事は、患者様の選択肢が増える一方で情報が多過ぎるため、どの治療院へ行けば間違いないのか…と迷われる方が増えている原因にもなっています。

NOTOは、私の父が院長を務めます道下鍼灸マッサージ院の二代目として、その経験やノウハウを受け継いでおります。

父は、1人でも多くの方に鍼灸治療の良さを広めようと開業して約40年地域の方から遠くは関西、関東の悩んでいる方への治療に励んできました。

そんな父の背中を見てきた私自身は、患者様と父との会話が隣で聞こえる部屋でご飯を食べて育ってきました。

当時は、早い方で朝の5時から並んでいたそうです。朝の7時から遅い日は夜の21時頃まで患者様の悩みと約40年間、今も変わらず父は向き合ってきました。

治療室へ行くと必ず患者様方からは、

『どこの病院や治療に行ってもダメだったのを先生が治してくれてんよ!』

と誰もが私に何度も伝えてくれました。

父が自分の身を顧みずに患者様の為に治療に励む姿、患者様から当時かけてくれた言葉の影響もあり、大学の4回生から就職活動は、せず専門学校へ足を踏み入れていました。

それからは、関西大学で培った心理学を生かし、身体だけではなく心に寄り添える治療をできればと強く思うようになりました。

そんなある日出会ったのが、大阪の師である。自律神経を得意としていた中村律喜先生でした。

先生は、患者様を症状としてだけでなくその人を見ることを大事にしている先生でした。

その方がどのような思いで悩み、ここまで来たのかや、どのように感じているのかなど、丁寧にその人を見て聞く事で身体だけではなく心をもほぐす治療をしていました。

師の下に来る患者様は皆、先生から何とかしてくれると、皆が口にしていました。

父の下で学んだ思い、大阪の師の下で学んだ姿勢、そして私自らが学び経験した事をかけ合わせて今のNOTOの治療があります。

父や師、そして私の思いの詰まった治療が一人でも多くの方の笑顔に努めております。

NOTOを選んで良かった。

何かあればNOTOへ相談しよう。

最近、楽しくなってきたな。

そう感じていただける治療と空間をご用意してお待ちしております。

非常勤スタッフ:道下真央(Michishita Mao)

出身: 大阪府

趣味:ドライフラワー,劇団四季・宝塚歌劇団の鑑賞


  時々サロンを手伝っています。
  趣味は料理です。栄養士資格を持っています。
最近、ドライフラワーでスワッグなどを作ることも興味があります。
  また今は、コロナ禍でなかなか行くことができませんが、舞台鑑賞も行きます。特にこれが好きという歌劇団はまだ無いのですが、劇団四季や宝塚歌劇団などの生演奏の舞台が好きです。

  やんちゃな男児2人の育児中です。子供を通じて、電車の名前を少しずつ覚えてきました。
お会いした際はどうぞ宜しくお願いします。

NOTOのスタッフの写真
目次