冷え性の方が知っておく良い事/自律神経を整える

  • URLをコピーしました!
目次

自律神経を整えて冷え性対策

カラダが冷える方は、自分で体温を温める力がない方なんです。

その原因は、生まれ持った体質の場合、遺伝されている事が多いです。

体質というのは、筋肉や神経を圧迫しやすい骨格、姿勢や歪み、内臓(血管も含む)の機能によって冷えやすい環境になっているという事です。

また、足の脛(すね)の内側は、後脛骨動脈や脛骨神経と呼ばれる足先や足裏に向かう内臓があります。
ヒラメ筋や後脛骨筋の緊張は、それらの神経や血管を圧迫し血の循環を悪くするため、冷えやすいんです。

また、生活習慣では、冷えたものを好んだり、または、冷えたものを食べる事が癖になっていたり、身体を冷やす格好で普段から生活していたり、寝不足、食生活の乱れ、運動不足などがあげられます。


体質、生活習慣と、原因は違いますが、共通して『やっておいていい事』があります。


それが、お風呂あがりに【保温】すること

お風呂から上がると、熱いから素足で過ごしている方は多いのではないでしょうか

『冷めてから靴下を履く』のは既に遅いんですね

するなら『冷める前に靴下を履く』

これなら保温ができて、靴下を脱いで寝る前まで足はポカポカします

それでも保温できない方は、重ね履きをオススメします

今日から【保温】ぜひやってみてください😌


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次